タバコのがん発生率

タバコのがん発生率

さらにまた、ニコチンが唾液でのみこまれるとき、ニコチンは胃の粘膜に作用して、胃液の分泌を妨げて、いろいろな障害を引き起こします。
これは、胃ガン意志に関連がありますそれが感度が高いオルガン(それを得て、通って、通って、hを渡します)であるけれども否定的な要因が喫煙を行為と言ったときたとえ胃が胃がんのようないろいろな病気をもたらすとしても、自然の結果だけであってください。

ガンの発生確率が大幅に喫煙によって上がるということを知っていると思うので、何もより多くを言わないで、統計にデータを書きません。
これは非喫煙者と比べての数字です。
胃がん 1.5倍
喉頭がん 32倍〜100倍
食道がん 2.2倍
膵臓がん 2倍
肝臓ガン 1.5倍
膀胱がん 1.6倍
直腸がん 1.2倍
口腔ガン 2.6倍
子宮ガン 2倍
卵巣がん 1.2倍
そして、喫煙に関しては!!とおもいますが、しかし、喫煙をやめることができません! !

しかし、喫煙はできるだけやめたほうがいいという事は間違いないです。
と言っても喫煙には中毒性というものがありますのでなかなかやめることができません。
つまりがんは怖くないというという事です。
実際にがんに成ったらさすがにやめるとは思いますけどね!

copyright(C)愛煙家に向けて